[ bROOM.LOG ! ] ( °o°)

2004年09月25日

sbがXML-RPC機能に対応

この記事は移動しました

URL: http://blog.rocaz.net/cgi/article.cgi?t=2004/09/25T18:49:00

posted by ROCA at 18:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 技術ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詳細な検証、ありがとうございます。

1はバグですね。確認しました。paramsが空だと xmlrpc モードに切り替わってくれないようです(^^;。2も同様です。paramsがないとそもそも xmlrpc モードに切り替わっていませんでした。

3 は fault response で code = 7 で返ってきますか?ちょっと条件が分からないのですが。

4 は空タグ <string /> を想定していませんでした。5 は完全に見落としです。

6 は現状では仕様ですね。MT同様、再構築という概念があるので、mt.publishPost に対応するかどうかは非常に迷っています。
# 問答無用で全体を再構築するのだけは避けたいと思っているので。
Posted by takkyun at 2004年09月25日 19:43
こんにちは、takkyunさん。
詳細だなんて、とんでもないです。前からsbは注目してましたので、もし参考になればという程度です。

>3 は fault response で code = 7 で返ってきますか?
>ちょっと条件が分からないのですが。

すみません、こちらでも再現しなくなってしまいました。
また、パケットは取っていない時だったのでコードが不明ですが、faultStringは前掲のものでした。
記事とカテゴリーを全部消したり、dataディレクトリ以下を全部消して初期化してみたのですが、正常にPOSTできてしまいました。
発生した時の状況は、インストール直後にテスト記事をブラウザから投稿して、更に拙作の旅行びと日記(テスト用Modify版ですが)からもPOSTした時に発生しました。
その後試しにカテゴリを追加して、カテゴリを指定しない記事を再度POSTすると正常に動作しました。
ただ、再現性が無い以上、ちょっと分かりませんね。こちらの問題かも知れませんし。
しばらく忘れて下さいませm(_)m

6の再構築のタイミングと範囲の問題は、多分どこの作者さんも悩みどころでしょうね。特にsbはさくさく感が売りだと思いますし。
ただ、mt.publishPostは引数にPostIDを取りますし、その記事に関連した「ある程度」の範囲には絞れるかも、とは思うのですが(それでもアーカイブページなどは多くなるのでしょうが)。
またBlogクライアントの立場からするとmt.publishPostが使えないと再構築(静的生成)タイミングが無くなるのが気になります(Blogクライアントからだけで完結できない、という意味です)。
難しいところですね・・


# いろいろ長々と申し訳なかったですが、他のパブリックサービスあたりでは、単にこうさぎ対応を宣言して集客したいだけで、いい加減な実装のままのところも多い中、かなり細部に至るまでしっかりした実装をされていて、正直感心してました。
同じフリー作者として嬉しくもあり。

どうぞ今後とも宜しくお願いします。

Posted by ROCA at 2004年09月25日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。